ギタリスト 米田雄一のblog

普通のジャズギター

コメントする

ジャズギターのレッスンで、参考になるCDなにかありますか?

ってよく聞かれるのですが、

 

セッションでやるようなのジャズスタンダードナンバーを、

ストレートにギターでやってるアルバムって意外と無いなあと思います。

 

僕はジャズギターの勉強始めた頃、

よくわから無いけど、Jim HallのCDとかを買って真似しようと試みたのですが、

高度な内容を全く理解できず、早々に挫折しました笑

 

その時、もっと初心者的にとっつきやすい、お手本になるCDは無いのか、

てやっぱり思いました。

 

というわけで僕の偏見も入りますが、

普通な感じのジャズギターのアルバムを探してみました。ハイテクな演奏や、個性的なアレンジをしているアルバムは除外しました!

 

Joe Pass 「intercontinental」

Joe Passといえばソロギターが有名ですが、これはバンドでやっております。virtuoso程ハイテクなところもなく、インサイドなプレイはまさにお手本!

 

Jeff Lorber & Chuck Loeb「BOP」

Chuck Loebってsmooth jazzのイメージが強いですが、youtubeで検索すると結構スタンダードやってるんですよね。sadowskyのストラト?音もフレーズもツルツルしてます。他のメンバーのアドリブもキャッチーで王道的なフレージングが多いです。

 

Ray Brown Trio & Ulf Wakenius 「summer time」と「seven steps to heaven」

フレージングはちょっと個性的になりますが、Ulf Wakenius。ariaの2万円のレスポール?って噂ですけど、これもそうなのかな。

 

jay graydon 「bebop」

youtubeにないですね・・・。Apple Musicで聴けます。

ジャケのセンスも、音も明るいです。

 

完全に王道を外してますが、わかりやすいCDアルバム紹介でした。

レコーディングセッションなのでLIVE感とかインタープレイとかはあんまりないですが、どれもbebopの基本的なフレージングの勉強には良い題材になると思います!

ジャズギター入門って事で参考にして下さい。

ちなみに全部Apple Music(月額1000円くらい)で聴けます!入ってない人は始めましょう!3ヶ月無料です。

 

ここで紹介した普通のジャズギターの音源聴いたあとに冒頭のJim Hallを聴いてみると、Jim Hallってやっぱりすごいんだなあ・・って思います。語法が違うというか。

 

基本的なフレージングが身につけば、コンテンポラリーな(現代的な)ジャズや、その他のジャンルのアドリブへの理解も深まると思います。あとは分かる人に聞くのが手っ取り早いと思います、というわけでレッスン受けたい方も、お待ちしております笑。よろしくお願いします。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中